めりーさんの高反発枕と六角脳枕を比較、どっちがおすすめ?

スポンサーリンク

2つとも購入者や愛用者の口コミや評判でも人気となっているおすすめの高反発枕と低反発枕です。

  • 高反発枕のめりーさんの高反発枕
  • 低反発枕の六角脳枕

どちらがおすすめで良いのか?口コミや評判を加味しながら比較しました。

おすすめの高反発枕

高反発枕は睡眠中の首の負担を和らげることで頚骨の矯正効果が高くなっています。
ですから徐々に肩凝りや首の凝りを解消していくことが出来るんです。

おすすめの高反発枕はめりーさんの高反発枕

めりーさんの高反発枕の口コミや評判、楽天orアマゾン?

めりーさんの高反発枕の公式サイトへ

めりーさんの高反発枕は高さ調節シートが4枚ついてくるので人によって枕の高さの微妙な調節が可能となっているのは大きなメリットです。

また寝返りが負担にならないように少し硬めに作られており、頚骨の矯正効果も高いと口コミや評判でも人気となっている高反発枕です。

めりーさんの高反発枕 口コミや評判

めりーさんの高反発枕の購入者や愛用者による口コミや評判もチェックしています

めりーさんの高反発枕の口コミ・評価・評判、楽天orアマゾンお得に買うには?

めりーさんの高反発枕の口コミ・評判(評価)とは

めりーさんの高反発枕購入する取扱店&販売店は公式サイトがお得(安い)?【グリボーモットンジャパン】

めりーさんの高反発枕の公式サイトで買うメリットとは

めりーさんの高反発枕は長い目でみた不眠症対策としてかなり優秀に作られています。

おすすめの低反発枕

低反発枕は柔らかいため頭がよく沈むのでフィット感が気持ち良いと低反発枕を愛用する人には評判が良いです。

ただ頭が沈みフィットする分寝返りが打ちにくくなります
低反発枕は少し硬めのスポンジみたいなイメージです。

おすすめの低反発枕は六角脳枕

六角脳枕の口コミや評判、激安で購入できる販売店は楽天orアマゾン?

六角脳枕の公式サイトへ

低反発枕のデメリットである通気性が悪く温度変化に対応しにくいという点を保冷剤を使うことにより補っています。

独特の六角形の形状が、肩こりや首凝り改善、いびき改善効果などの期待が出来るようになっています。

六角脳枕 口コミや評判

愛用者や購入者による口コミや評判もチェックしています

六角脳枕の口コミや評判、激安で購入できる販売店は楽天orアマゾン?

六角脳枕の口コミ・評判&販売店舗についてここで見てみる

六角脳枕はお笑い芸人のナイツややまもとまさみさんが宣伝しているのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。

低反発枕と高反発枕の違い

低反発枕も高反発枕もそれぞれに良いところがあります。

例えば、頚椎の矯正効果が高いとされているのは高反発枕となり、寝ているときの首の負担を和らげてくれるメリットがあります。

ただ、高反発枕は慣れるまでは少し寝付きにくいというデメリットもありますが1週間ほどでだいたいの人が慣れるようです。

低反発枕は先にも書きましたが頭が沈むためフィット感が抜群なのですが、その分寝返りが打ちにくいというデメリットがあります。(高反発枕は寝返りが打ちやすい)

耐久性や通気性

耐久性や通気性に関していえば基本的に高反発枕の圧勝となります。

低反発枕は熱がこもりやすいのでオールシーズン心地良く使うというのは難しくなります。(六角枕はそのデメリットを保冷剤を使うことによって補っていますが)

その点、高反発枕は耐久性、通気性ともに、これといったデメリットがありません。

最終的には好みで選ぶものとなりますが、高反発枕よりも低反発枕の方が値段が安くて手を出しやすいという価格面でのメリットがあります。

そういったこともあってか、枕に限らず、低反発商品の方が多い印象です。

ただ長く使うことも考えれば高反発枕がおすすめです。

めりーさんの高反発枕と六角脳枕比較(まとめ)

高反発枕『めりーさんの高反発枕』と低反発枕『六角脳枕』の比較の管理人としての総評価ですが、

  • 価格やフィット感で選ぶなら低反発枕がおすすめ
  • 肩凝りや首の凝りの悩みを抱えているなら多少価格は張るけど高反発枕がおすすめ。

となります。

おすすめはめりーさんの高反発枕

めりーさんの高反発枕の口コミや評判、楽天orアマゾン?

もちろんどちらもおすすめで共に肩こりや首の凝り解消効果、いびき改善効果等があります。

しかし、先にも書きましたが枕は最終的に人それぞれの相性や好みは結構重要になると思います。

管理人は高さのある枕が好みというのもありおすすめとしては高反発枕めりーさんの高反発枕となります。

めりーさんの高反発枕の公式サイトへ行ってみる

めりーさんの高反発枕の口コミや評判、楽天orアマゾンお得に買うには?

▼▼▼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加